アトピーが悪化しないために日常で気をつけるべきことって?

アトピーが悪化しないために日常で気をつけるべきことって?

アトピーは、一度発症すると長く付き合っていかなくてはならない皮膚のトラブルの一つです。できるだけ良い状態を長くキープするためには、日常生活の中でいくつか気を配るべきポイントがあります。不快感を軽減するためにも、頭に入れておきましょう。


辛いアトピーに悩んでいる方必見!お肌に優しい化粧水3選

ミヨシ石鹸
無添加せっけんシャンプー

ミヨシ石鹸無添加せっけんシャンプー

456円 (税込)

内容量 350ml

アトピーにおすすめのシャンプー人気ランキング10選 | mybest

エタノールは乾燥を招く

アルコール成分であるエタノールは気化する際に肌の水分を奪ってしまいます。そうすると肌が乾燥するためにアトピーになりやすい原因となるものですし悪化する原因にもなるものです。そのためアルコールが入っているものやエタノールが入っているものはアトピーを悪化させる可能性があります。


揮発性が高いことによってスッキリしますし殺菌作用が得られることもありますからアルコールやエタノールが有害というわけではないですし、それに似た成分が入っている化粧水も多いです。しかし刺激が肌荒れの原因となることもあるのでアルコール類は避けておいた方が安心できます。


アトピー肌用の化粧水ってどんなもの?敏感肌な人にもおススメ | feely[フィーリー]

関連記事

アトピー化粧水
ツイートシェアはてブGoogle+Pocketfeedly
アトピー肌に合う化粧水知ってる!?諦めずに徹底追及しました!! | QtSkiN

アトピーのタイプによって使える化粧水も違う

アトピーの原因やアレルゲンが複数あるように、アトピーの症状の出方もたくさんあります

痒疹タイプもあれば、単にカサカサしている乾燥肌タイプもあります

反対にジュクジュクした浸出液(リンパ液)が出る場合もあります

 

つまり、一言でアトピーと言っても、患部の状況によってケアが違うわけです

痒疹であれば、ストロング以上のステロイドでなければ、効果はないでしょう

また、紫外線療法であるPUVA療法、ナローバンドUVBなどが有効なケースもあります

治療方針でさえ、複数あるのに、化粧水が共通しているわけがないのです

つまり、貴方のアトピーが乾燥肌タイプであれば、化粧水ランキングから、保湿成分が高いものを選べばいいですし、ジュクジュクしたりするのであれば、殺菌効果が高いものが良いかも知れません

その点は、気に入った化粧水の成分を医師に見せれば、アドバイスくれるかも知れないので、かかり付けのお医者さんに聞いてみると良いでしょう

【騙されない】アトピー専用化粧水ランキング

2.プロブレングリコール

プロブレングリコールは、さっぱりとした使用感触があり水やアルコールに大変溶けやすい性質があり、植物油脂を原料として合成されることもあります。


シャンプーなどに配合されることもありますが、近年は安全性の考えからプロブレングリコールを配合する化粧品は少なくなっていて、安全で刺激が少ないジプロピレングリコールが使われることが多いです。


化粧品として配合されるときには、保湿効果があるため化粧水や乳液などに配合されますし、抗菌作用もあります。


現在はまれに紅斑ができてしまう可能性もありますが、刺激性はほとんどなくアレルギーが起こる可能性は低いですが敏感肌や乾燥肌、インナードライの場合には避けたほうがよい成分です。


辛いアトピーに悩んでいる方必見!お肌に優しい化粧水3選

症状の特徴

かゆみのある湿疹が出るという症状で、治ってはまた再発し、それが半年以上続いて慢性化することが多いです。 湿疹は最初の段階では赤みがありジュクジュクとしていますが、次第に硬く盛り上がっていきます。手、腕、ひじや膝の内側に出やすく、左右対称であることが多いです。


アトピー性皮膚炎で見られる皮膚の症状には、次のような特徴があります。


【アトピー性皮膚炎の症状】

乾燥鱗屑(りんせつ)紅斑(こうはん)丘疹(きゅうしん)痂皮(かひ)びらん苔癬化(たいせんか)

アトピー性皮膚炎は、ちょっとした乾燥から始まるのです。


「保湿してもすぐに乾燥してしまう」「いつも使用している化粧水が合わなくなった」など、いつも以上に肌が敏感になります。


見ただけでは肌の変化に気がつきにくいのですが、肌に触れてみるとガサガサしているのです。


乾燥している部屋にいたり、お風呂上りに肌が突っ張る感じがある場合は注意をしましょう。


皮膚の症状ができやすい部位には個人差がありますが、どれも特徴的です。ここでは、特に現れやすい部位を紹介します。


【アトピーが出やすい部位】


アトピー肌のおすすめ化粧水~保湿効果ランキング~

パッチテストを行う

アトピー体質の人の肌は、大きく分けて2つのタイプに分けることができます。肌への刺激に弱い「敏感肌」タイプと、肌が特定のアレルギー物質に反応する「アレルギー体質」タイプです。アレルギー体質の人は病院での検査を必要としますが、「化粧品を選ぶたびに病院で確認をするのは手間だ」と思っている人にピッタリの、自宅でできる簡易パッチテストがあります。


①アレルギーかを調べたい化粧水を二の腕か太ももに塗布し、上から防水絆創膏を貼る ②2日(48時間)経ったら絆創膏をはがし、かぶれや赤みがないかをチェック


もし赤みやかぶれ、かゆみがあるようだったら、アレルギー物質が含まれています。化粧品を塗った肌がなんともなければ、アレルギーはないはずです。


アトピー肌のおすすめ化粧水~保湿効果ランキング~

キュレル ローション 220ml

この商品をおすすめした人のコメント


ルッチェラさん (20代・女性)


この商品をサイトでみる


アトピーや敏感肌にもおすすめのしっとり化粧水、ローションランキング【1ページ】|Gランキング

アトピー肌の人におすすめの食事

アトピーで悩んでいるときには、食生活に気を配ることも重要です。人間の体は毎日の食事をもとにして作られています。食事内容を見直したからといって、すぐに効果を実感できるわけではありませんが、長い目で見て、体質改善に取り組んでいきましょう。


まずは一日三食、バランスの良い食事を摂取することが大切です。このときには、ぜひ洋食よりも和食を意識してみてください。特に肉類や砂糖の過剰摂取は、アトピーの悪化につながると言われています。肉料理よりも魚料理を中心にしてメニューを組み立てると良いでしょう。


忙しいときには、コンビニ食品やレトルト食品、ファストフードを使う方も多いかもしれませんが、栄養バランスの偏りにつながります。またせっかく摂取した栄養素を破壊してしまう可能性もあるので注意してください。


また各種アレルギーには、腸の働きが関係していることも知られてきています。腸内環境を改善することが、アトピー改善の突破口になることもあるので、ぜひ意識してみてください。乳酸菌を多く含む食品を摂取するほか、サプリメントで取り入れるのも手軽でオススメの方法です。基本の栄養は毎日の食事の中で補い、足りない者をサプリメントで補うように考えると良いでしょう。


辛いアトピーに悩んでいる方必見!お肌に優しい化粧水3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です